スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗晶記者会見からのデータ解析

記者会見からのデータ解析「5年生存率は50%」これは何を指しているのだろうかと思う。第二期で48歳で、5年生存率50%をadjuvant onlineではじきだすのは、とても至難の業である。Adjuvant onlineを使用すると予後予測ができるので、外来で多くの乳がん専門医が米国では使用している。もちろんあくまで、予想であり、個々の症例は意味合いがずれることがあるのでご了承願いたい。
この症例をadjuvant onlineで解析すると、いくつかの推察が出来る。
1. 50%とは、化学療法もホルモン療法も何も補助療法しないでの数値?
2. 治療後の数値であるのだが、本当はかなりのリンパ節転移がある?
3. 乳がん以外の疾患を患っている?
4. 報道が間違っている?
5. 北斗さんの理解が主治医とずれている?
6. 主治医の情報開示に問題がある?
7. 僕が完全に間違っている?
どちらにしても、本当に50%の生存率ならかなり進行している乳がんと推察される。特に仮にリンパ節転移が多ければ、なぜ手術を先に行われたのかが知りたくなる。術前でも術後化学療法でも現時点では生存率に差はないのだが、非常に医学的に興味深い。
そもそもこの問題はプライバシーを考えるとあまり報道しない方が良いと思う。しかし、現時点でここまで開示したなら、より詳細の報道をマスコミが求める必要になる。もっと詳細に報道しないと一般患者に誤解を招くと思うような生存率である。
とにかくよりよい治療選択を乳がん手術の北斗晶さんが受けられることを願う。

近藤誠批判と二軍レベルのがん医療従事者をなくす

そもそも、近藤誠の考えがなぜ日本で広がるか。

1.まともながん医療を提供できない、腫瘍関係の医療従事者がいる。
2.まともながん医療を受けてない患者がいる。
3.近藤誠の本は、事実と間違いが混同しており、腫瘍専門医でも患者でも間違いを解読するのがむずかしい。
4.医療マスコミの分野の質が全体的に低い。医療関連でないバラエティーの製作者は、全く理解できない人がいる。

1は、2を増やし。1と2は、3の状況をつくり。1, 2, 3 が多いとマスコミは頼れる情報ネタを見つけることができなので、ますます4が蔓延る。

では、もとまな腫瘍専門医がいてるじゃないかと批判される方もいるでしょうね。そうなんです、いてます。でも、残念ながらまともでない腫瘍関係の医療従事者が結構いるのも事実。つまり、すべてはバランスの問題です。個人的には20%でも、まともでない人がいればこの悲しい状況ができると思う。

まともながん医療を受けてない患者あるいは経験を聞いたりすると、近藤氏の考えが魅力に見えてあたりまえだと思う。

つまり、近藤の考えが広がったり、本が売れたりするのは、テレビに広がるのは、今の医療の質がまだまだ患者中心で平均的に質の高いがん医療が日本全体に広がっていない根拠のひとつかもしれない。近藤批判と並行して二軍レベルのがん医療従事者をなくてしていくことも、われわれの目標にするべし。

「だいじょばない」 PerfumeとSTAP細胞

JPMより引用。By Takae Brewer and Naoto T. Ueno. シェアウェルカムです。

2014年二大発表はみなさんお聞きになりました?
じゃじゃーんとPerfume 5th Tour 2014「ぐるんぐるん」、さらに夏リリースのニューシングルと、今年の後半もバリバリに日本を引っ張ってくれる勢いのPerfumeの三人に大期待!Perfumeがいれば、日本も元気いっぱいですね。Perfume大ファンの上野は、「Perfume大発表は、アメリカツアーではないか!?」と予測していたのですが、今回は残念ながら「大ハズレ」(大汗)だったようです。近い将来に、Perfumeのアメリカ・ツアーに熱く期待!

そんなバリバリに頑張るPerfumeとは裏腹に、日本ではこのほど科学界を騒がす大きな事件が・・・。「STAP細胞(刺激惹起<じゃっき>性多能性獲得細胞)」と呼ばれるものを作製したと発表し、今年の初めに論文が世界的にも有名なネイチャー誌に掲載された小保方晴子氏。しかしその論文のデータや画像に、あやしい箇所が存在すると指摘され、今年の3月に理研の意見として論文の撤回が話題になったのはみなさんもご存知のとおりです。それでも「STAP細胞は存在します」と断言する小保方晴子氏。日本ではこのSTAP細胞をめぐり大騒動になっている様子。日本内では「STAP細胞が存在する、と言い切る小保方晴子氏を信じるべきでは」といった声もあるようです。みなさんは今回のSTAP細胞騒動、どうご意見されていますか。この騒動は日本の科学界をどのように左右していくでしょうか?これからの日本のバイオサイエンスは「だいじょうばない」?
今回のJPM特別号では、日本国内の様々な声から一歩遠ざかり、国外の目線からSTAP細胞騒動について考えてみたいと思います。
多機能性細胞(または多能性幹細胞とも呼ばれる)とは、あらゆる細胞の種類に分化する能力を秘めた細胞。この細胞を応用して用いれば、様々な病気の治療法につながると期待されています。最近では山中 伸弥氏が、いったん成熟した細胞を初期化(遺伝子をプログラムしなおすこと)して多機能細胞を作製することに成功し、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞したのは、みなさんの記憶にも新しいはず。山中氏の開発した方法は遺伝子を外から組み込んで初期化するもので、それなりにコストと手間がかかるプロセスです。それに対して小保方晴子氏をユニットリーダーとするチームが今年初めに発表した「STAP細胞」とは、外から遺伝子を組みこむという形ではなく、マウスから取ってきた成熟した細胞を、弱酸性(うすいお酢のような溶液)の状態に浸すことで受精卵(体の全ての種類の細胞に変化する能力をもつ)の状態に初期化させるというもの。「そんなに簡単に細胞が初期化できるのか!」と世界中の科学者が驚いたのは皆さんがお察しのとおり。でも実際にネイチャー誌に掲載された方法で、細胞を初期化しようとおもっても、世界中の誰も成功しない・・・。これはいかに?そうこうするうちに、ネイチャー誌に載った写真が、実は以前に使われた写真のたらいまわしで、オリジナルの写真でないことが発覚。さらに他人の論文の文章をコピぺして、正式に引用しないなど、様々な「研究不正」が浮上しました。

日本ではテレビのワイドショーや大衆週刊誌などのネタになっているのは、遺憾なことです。では、これはきちんと「科学研究」の世界からみると、どのような解釈がなされるでしょう。
まずは科学研究には四つの大きなステップがあります。その一、仮説をたてます。その二、仮説に基づいてそれを証明する実験を組み立て実行します。その三、仮説が証明される結果が得られた場合、論文等の形で発表します。その四、研究の内容は、他の研究者によって正しいものであると「立証」されることにより、正しい仮説・解釈であったと信用が高まります。ちなみに、研究結果が「科学的に受け入れられる」というレベルに達するには、この三段階が多くの科学者と様々なアプローチによって立証される必要があります。

さて、今回は残念ながら第二のプロセスで、明らかに不正(小保方氏によると間違い)があったことが発覚しました。世界的にも有名なネーチャーという雑誌に載ったことで、世界中のラボがこの「STAP細胞」を作ろうと試みたはずです。その中には予算も厳しいなかで、STAP作製を試みて成功しなかった小さなラボもあると察します。そして今回の騒動をめぐり、日本発の研究に対する世界の科学者の信用が失われてしまったのではと懸念します。仮に、本当に「間違い」でも、科学研究における四つの大きなステップの「間違い」は、どの段階でも科学者としての信用を失います。科学者の大半は、「だいじょばない」 の烙印をおしてしまいます。これは、世界的レベルでいえることです。さらに、彼女が主任研究員であることが致命的な状況にさせています。主任研究員は責任をもって研究チームをまとめながら、独立して自己判断することが出来る立場なのです。しかも、彼女を独立させたのは理研。世間がどう判断するにせよ、科学の世界では、小保方氏も理研も「だいじょばない」です。だいじょばない
今回のSTAP問題から日本が学ぶべきものは何でしょう。今回の騒動は「STAP細胞があるか、ないか」の問題ではなく、「科学研究の内容が、正当な形で世にだされなかった」ということが問題なのです。これからも日本人科学者のなかから、素晴らしい発想や発見が生まれるはず。そのようなアイデアを、世界にきちんとした形で世界で認められるような環境を作ることが、とても重要です。今回の騒動は、日本の研究機関および大学・大学院教育を見直す機会であると思います。学部・研究機関の種類に関わらず、一貫して研究倫理を教えるべきです。他人の論文から文章をパクリ、きちんと引用もしない行為(plagiarism)は盗みと一緒、データーのでっち上げは悪徳商法がつくウソと同罪です。全うな親なら、「人のものを盗め」、「嘘をついて他人を騙せ」などと愛する我が子に教えるでしょうか?若い人たちにきちんと科学界のルールを教えることが、本当の意味での教育では。日本の大学•大学院は、卒業論文やゼミ・レポートのコピペや研究データのでっちあげを、許す場所であってはならない。もっと「高度教育機関」として厳しく、そして倫理の面でも徹底しなければ、世界に通用しないのです。

このままでは日本の研究機関は本当にだいじょうぶ?「だいじょばない」「だいじょばない」「だいじょばない」「だいじょばない」「だいじょばない」とPerfumeの音楽と理研・小保方氏が重なる日々!

ダウンロードはこちら。


Journal of Perfume Medicine はこちら

daijoba_final.jpg



プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。