スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Step 2 医師から必要な情報を取得する; 医者から聞かされないことは知らなくていい?

診察はまず、患者さんが自分について語るところから始まらなくてはいけません。この部分こそが、医療者と患者の間のコミュニケーションのあり方を変えていく、最初の手がかりになると私は考えます。

普段あなたは診察室で、医師からの説明をただ「はい、はい」と言ってうなずいて聞いていないでしょうか。もちろん、医療者は、「この患者さんはこの説明でわかっているかな」と考えながら話してはいるでしょう。けれども、短い時間の中で説明しようとすれば、どうしても難しい専門用語を使ってしまうこともあるし、質問が出なければ「わかっているな」と思って話を先へ先へと進めてしまうこともあります。

 結果として、患者さんは重要なことを理解していなかったり、聞き漏らしていたりしても、「医師が説明してくれないのだから、それは私が知る必要がないことなのだろう」と思い込んでいることが多いようです。でも、それは違います。患者さんが一番わからないこと、知りたいことを、医療者が説明していない、できていない場合もあるのです。
 良い医療というと、まずは「医者が常に患者の立場に立って、すべてを説明しなければならない」というイメージがあります。もちろんそれはそうですが、患者さん側から「医者に説明を求める」という視点が、抜け落ちています。

良い医療をつくりあげるために、医療従事者に質問したり、説明を求めたりすることは、新聞や雑誌、本などの公の場所で、誰かがやってくれると思っていませんか。公のオピニオンに任せてしまって、ひとりひとりが自分自身で動こう、変わろうとすることができていない。公のオピニオンそのものも、医療者側に求めるだけで、患者さん側に自分で求めるということを促すことをしていないというのが現状のように思えます。
 目の前の医師に「説明してください」と、情報を引き出す力を誰よりも強く持っているのは、患者さん本人です。医療者にはもちろん、患者に向かって説明する責任があります。でも、患者側も、医療者の言葉を理解しようとする責任があるのです。
 医療事故の報道などを見ていると、医療者側の説明責任が果たされていないな、ということを強く感じます。しかし、それと同時に「では、患者さんは自分自身の責任を本当に果たしたのだろうか」という疑問が、湧いてくるのです。例えば、抗ガン剤の投与ミス、確かに医療従事者の最低の間違いです。でも、その受けた患者さんにどんな治療を受けてるの聞けば、薬の名前もいえなければ、まさに患者はまな板の鯉です。

 正しいコミュニケーションがそこになかった、患者さん側は理解していなかった、だから、事故に繋がったという事実から、医者が説明していなかったのだろうということは容易に推測できる。でも、患者や家族は、「理解できていないよ」ということを医療者側にちゃんと告げたのだろうか。質問をしたのだろうか。なによりも、医者が説明不足だということに、気づいていたのだろうかという疑問も、僕はいつも考えています。
「医者が言わなかったから、自分は知らなくていい」は、たった今から、変えるべきです。医療事故や、決定的なすれ違いが起きてからでは、遅すぎるからです

コメント

まったくおっしゃる通りです。

ただ「医者が言わなかったから、自分は知らなくていい」ではなくて、「医者が自分に何を言わなかったのかが、わからない」というのが実情だと思いますよ。


私は次の外来であれを聞こう、これも話そうとメモなど準備をしていても、いざ診察室に入ったら切り出せず、予定の1/10もしゃべれずに落胆して帰ってきたことが何度もあります。

主治医の疲れきった顔や待合のすごい行列などを見て、遠慮してしまったこともあるし、手術前夜の説明時には主治医が緊急手術で十分な時間を取れませんでした(デザインのために深夜に5分だけ出て来て下さいましたが。。。)。

コミュニケーションが大事ということはあまりに当然のことで、最初から努力はしていました。しかし、正直言って、やっと普通に話せるようになったのは、ウィークリータキソールで頻繁に会うようになってからかもしれません。

医者が自分に何を言わなかったのかが、わからない

貴重なコメントをいただきありがとうございます。後日この点はコメントしようと考えていました。大切なポイントだと思います。

でも、おっしゃるとおりで一挙に全部質問する必要がないんだと思います。小分けにして質問するのも、ひとつのやり方です。スポーツとおなじで練習が感じです。僕自身がcancer survivorですが、質問するのにこまってるぐらいですからね。(^^)

おじゃまします^^
コミュニケーション、医師と患者っておそらくもっとも困難な関係のひとつかと思いますが、
最近の自分の経験では、教授と学生の間でも似たような問題がありました。
やはり日本人には基本的に「阿吽」が根付いているので、言われたことから推測して判断してしまうような性質が染み付いているような気がします。
人見知りっていうのもありますね。
みゅうさんと同じように、私も教授と普通に話せるようになったのは、何度か面談をしてもらった最近のことです^^;
でも、がん治療という命のかかった重要な場面では、阿吽とか人見知りとかいってる場合じゃないですね。
私にできることとしては、医師と患者さんの間をとりもてるような話しやすい薬剤師になって、患者さんを助けていきたいです!

阿吽

Yunta-sanへ、阿吽は存在しないのかも、(^^)。つまり、存在するとおもいこんでいるのかもしれません。医療従事者からすると阿吽なんてなかなかわからないのが真実だと思います。とくに新患の患者さんで阿吽はむずかしいでね。笑
それだけにコミュニケーションがたいせつなのかもしれません。

私は、病気に関して全て細かく把握しえるのは、患者本人である、そして患者が全て把握しておくべきだと思っています。主治医の先生も何百人という患者さんを抱えていらっしゃるし、カルテをみるのも患者さんを呼び出す前の5-10分ぐらい。治療方針に関してじっくり考える時間も限られていると思います。そして何よりも患者さん本人が自分の病気の性質を知り、受けている治療の意味を理解することはとても重要だと思います。特に乳がんなどは長期にわたる治療が必要となる場合が多いので、「医師が分かっているから、すべておまかせ」という考え方はちょっといただけません。私は知らないと気がすまないので、病理結果はもとよりMR|,PET-CT,マンモの結果、実際の画像もCD-ROMに焼いてもらって手元に持っています。アメリカの医師は快くカルテの一部をくれるので(アメリカではカルテは患者に所有権がありますね。日本はどうでしょうか)、気軽にたのめます。

個人的に思うのはお医者さん以外に看護士などの方で相談役というか、もっと患者さんが気軽にはなせる方がいればコミュニケーションの問題も少し和らぐかなと思います。私が治療を受けている病院ではケース・マネジャーという看護士さんがいて、患者と主治医の橋渡しとして活躍しています。術前や術後の注意点やドレインの管理などの指導も彼女がしてくれました。看護士さんなので、お医者さんに聞けない質問などもできました(自分の主治医の評判など)。細かい治療に関しては主治医でしょうが、簡単な質問などは看護士さんが答えてくれます。患者さんが自分の病気をどれだけ理解しているかも、ケース・マネジャーのような看護士さんなら少し時間をかけて評価できるかもしれません。

コミュニケーション

「うな」さん、そうだと思います、医師以外の人たちがもっと医療に関して積極的にコミュニケーションをとっていただければ、医療は確実に質の厚みがまして、患者は安心感が高まるのではないでしょうか。
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。