スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Step 1 あせるな―まず、がんを知ろう; がんは確実な診断がひつよう。転移(どこかにがんが移った)も同じです。Part II

針を刺した場所から出血したり、針に付いたがん細胞が別の組織に広がるといった問題が起こる可能性があります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これって本当なんでしょうか。
先日も書きましたが、がんの確定診断が病理で行われることは実はガン医療の原則です。これを守らないときはどういうばあいかというと

1.針を刺したら本当に危険なとき。それは、腫瘤が小さいので、針が正常な臓器(肺など)をさして傷をつけてしますとき、
2.あるいは本当に大量出血が予想されるとき
3.さてそれ以外があるかというとーーーーーーーーー、簡単に浮かばないですね。

問題は生検を安全にできる医師達がすくないこととこれを軽んじる医師達が現実にいるとこが問題です。ガン治療は確定診断なくして簡単に手を出せません。

さて、針を刺すとガンは広がるのか、これって本当に根拠がないと思います。特に肺ベルなエビデンス(科学的根拠)は本当にありません。

そう頭でわかってても、自分のガンを何度も針で刺されたとき、主治医に広がないかと思わず聞いてしまいました。爆笑
ま、そんなものですね。
でも、針を刺しても広がるという根拠はありません。


コメント

上野先生、さっそく補足をありがとうございます。

なんだか、リアルタイムで、確定診断が進行中なので、非常に興味深く読ませていただいています。

癌のばらまきが疑われる症例の統計情報がみつからないか探したのですが、みつけられなかったので、「エビデンス(科学的根拠)はない」ときっぱり言っていただいて、得心しました。
とはいえ、わたしの場合は「ばらまきが起きやすい」と都市伝説的によく聞かされる肝臓が疑われているので、いざとなったら、エビデンスはともかく、「ほんとに、散らばらない?」って聞いちゃいそうだなと思っていたら、先生もだったんですね。ちょっと安心しました!

ばらまきが起きやすい?

やっぱり、僕も聞いてしましまた。笑
頭の科学的な気持ちと実際の感情はべつですからね。(^^)
今後ともよろしくお願いいたします。
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。