スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌治療原則2

癌は治らない?

厳しいことを言って申し訳ありません。
治るとは何かですね。僕自身が患者として言えるのは、仮に医学的に治っても、多くの患者は再発がおきないか、心の葛藤しています。また、治療の副作用、また経験によって人生観が変わってしまいます。
なので、僕はけっして患者に癌になるとおなじ人生が戻るとは言いませんし、もどらないだろうといいます。治ると気軽に言うのは医療従事者の勝手な言い分だと思います。
さて、人間はいずれ死にます。いずれ死ぬので、この病気になると今まで考えたことのない人生観を考えさせられるのが普通です。
つまり、告知を受けない人はそのチャンスを奪うわけです。
また、死を感じることは緩和医療が初期の段階から必要なんです。どのようにこの病気と取り組みたいか、どのように死を面したいか、色々ですね。色々で良いと思うのですが、考えた方がいいですね。
それだけに、医療従事者は緩和、治療をふくめて患者とつきあうことが大切である。
つまり、癌という問題は患者の人生の中ではがすことの出来ないスタンプを張られたのと同じである。

コメント

剥がせないスタンプ

この言葉が全てを語っていますね。
「そうそう、そういう事なんだ」と思いました。
と言うか、いい加減気付きなさい!と叱られたような。(^_^;)

再発への不安。
これも何かの折にふっと頭をかすめます。
仕事を辞める決断をした時、環境の変化によるストレスで
再発したら・・・・・と考えたのは大きな要因でした。

返信:剥がせないスタンプ

剥がせないスタンプ」いやですよね。でも、今は、誇りに感じています。他の人が経験できない勲章になるように努力しています。でも、この勲章を捨てたくなることがよくあることも事実です。やっぱり苦しいのです。
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。