スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の医療をうけるための患者学

アマゾンで大切なコメントを私の本に頂きました。

医師が書いた患者学だというので、やや偏見を持って読み始めましたが、とてもよくできている本です。具体的なノウハウが上手にまとめてあり、他の病気の人はむろん、筆者ががん専門医であるだけに、がん患者にはものすごく役立つでしょう。ここに書いてあるような患者になれれば医師など怖るるに足りません。
しかし、今の日本医療でこのノウハウを実行すると、理に適っているだけに、おそらく医師にはものすごく警戒され、要らぬ苦労をする可能性は大です。なぜわかるかって?私自身が、これを読む前からここに書いてあるようなことを実行してきた経験があるからです。
著者は、医師がなかなか変われないので患者から変えよう!と思ったにちがいないのですが、この患者学を身につけた患者にきちんと対応できる医師を育てることが、急務だと思います。「最高の医療を受けさせるための医師学」を書いてほしいものだ、という思いから、星一つ落として四つ星です。

私のこのコメントに対する答えは、日本の医療従事者の多くの方々よりよい医療に向けて努力していることだと思います。医療従事者も患者も歩み寄ることがとても大切だと思います。お互いに頑張ることが出来たらと思います。確かに医療従事者向けの本ではありませんが、多くの医療従事者に読んで考えて頂きたいと思っています。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。