スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の医療の運命を左右する学生教育 (2)

診療科の選択ではなく「どんな医者になりたいか」を考える
チーム医療(multidisciplinary care)がどういうformatで日本に普及しようが、「患者中心の医療を実現しなければならない」というところに必ず落ち着くだろう。それを前提に学生のマインドセットを教育できるならば、医師になった後も、常に正しい選択をしていくはずである。いま日本にある制度で、患者中心のチーム医療を行うには学生はどうしたらいいのだろうか?答えは簡単。「どういう医者になりたいか」を決めることだと思う。よりよい医療のために個人としてできることは、「どんな医者になりたいか」を考えることだ。これはどの病院で研修しても同じ。それは何科に進むかということではなく、「患者をよりトータルに診たい」、逆に「ある疾患の治療をよりよくするための研究をしたい」など、モチベーションとなるものを設定することだ。これをリードできるのが大学の教員あるいは先輩医師である。

ただ大学教員は自分の科の医局員確保のために自分の科の宣伝に走る傾向がある。本当は新人の医師達に対し実際に何科に行くなどの「最終的なことはあまり早く決めないほうがいい」とアドバイスしてほしい。外国からみると日本はすでにプライマリ・ケアの研修時点で特に診療科が細分化しているから、最初から専門分野を目指す医師が多くなるのかもしれない。でも、本当はトータルな知識を身につけたほうが医療の全体像が見えるので、専門家になってからも自信が持てると思う。学生のあいだに「これ!」と決めていても、一歩引いてクールに見たほうがいいというのはいつも感じるところ。スーパーローテートはいいと思う。色々とやった方がいいと思う。私が思うに、悩んでいる時間の長い人のほうが、最終的には自分の本当にやりたいことが決まっている感じがある。どういう医者になりたいかを考えさせながら、学生教育をするのがいいのではないだろうか。

私は学生が来たときにはプライマリ・ケアを中心にして、所見、症状、現病歴をとり、身体所見を全部とり、鑑別診断を行わせることにしている。そしてその次にどういう検査をするかを考える。検査はあくまでも鑑別診断をサポートする手段のひとつであって、その後もう一度鑑別診断を立て直して、治療計画を立てていく。これが学生を教える基本パターンになっている。症状を中心に入るので、それぞれの科の役割分担が明確になるように教育し、また、どのようにしてコンサルトを得るためにタイミングやアプローチを考えるのかにも時間をかけることにしている。特に学生あるいは研修医のあいだは守備範囲が限られているので、守備範囲を超えたものに関してはコミュニケーションをとらざるを得ない。それもあり、「自分が責任を取れないところは、やってはいけない」ということを学生やレジデントは繰り返し強調して教わることとなる。それがチーム医療につながるところとなると考える。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。