スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判ると判らない?良い医療とは

捨てられる<有用な腎臓>が存在する以上、M氏の取られた行動は判るような気がします。米国でも、何年何十年と移植が受けられない患者はいるのでしょうか?{先日のclumsyさんのコメント}

Clumsyさん、コメントありがとうございます。時々忙しくて書けなくて申し訳ありません。さて、M先生の行動はやはり大きな問題があります。第一に有用であるか有用でないかという医学的根拠にかけていることですね。つまり本来なら臨床試験を行って証明する必要があったと思います。

しかも、この点を証明していないために倫理的に違反したので、このアプローチは恐らく標準療法になることは抹消されるでしょうね。つまり、将来の患者さんには、全く役に立てるかの機会をこれで失いました。M先生の行為は重大な犯罪です。

患者の思ってでかもしれませんが、結果として患者のために一切良いことにはなっていません。私は残念ながら患者の思う気持ちは判りますが、彼の取った行為は理解できません。本来は患者が医療従事者よrも一番怒るべき行為である。さて、最後にアメリカですが、アメリカでも移植を受けたい人たちが待っている状態です。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。