スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一流患者と三流患者 医者から最高の医療を引き出す心得 (朝日新書)

新書を発刊いたしました。是非一読し、アマゾンに書評を御願い致します。リンクはこちら


●今、病院では、医者から最善の医療を引き出せる患者と、
引き出せない患者という「患者格差」が起きている――

「日本の医療は、間違いなく世界トップクラス。でも、それを受けるのに必要な『患者力』は圧倒的に低い。そして、多くの日本人は損をしている」
昔と違い、治療法や薬の種類が増えすぎた現在、“お医者様"任せでは「最善の医療」を受けられなくなっている――。

●お金のあるなしは全く関係ない!
自分にあった、納得の医療を受けるために必要なたった一つのこと。
それは「患者の主体性」といくつかのノウハウ。
お金はまったく関係ありません。
本物の「患者力」を養成するために必要なノウハウを緊急伝授!

●そのまま使える実用性
病院へ行く前に必ず準備しておきたいこと、
医者との会話のしかた、具体的な質問例、そのまま使える本です。
「〇〇するだけで健康になる」
「××しなくなければ、△△になれ! 」のようなものがあふれる昨今。
がんを治す専門医でありながら、
自身もがんにかかった著者の
「本当に患者のための本を」という想いの詰まった1冊。
医者のホンネも満載!

【目次】
序章 がんの専門医ががんになってわかった、患者にとって本当に大切なこと
1章 アメリカから見える、ここが変だよ日本の医療
2章 一流患者のすすめ――ここが変だよ日本の患者
3章 一流患者になるための「心の整理術」
4章 一流患者になるための「情報整理術」
5章 一流患者になるための「治療法」
6章 一流患者になるための「試練」

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。