スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学系のノーベル賞の受賞は今後減ると予想


日本人のノーベル賞受賞はとてもうれしい。

しかし、問題は山積みである。小保方事件、日本人の留学減少、理系学生の大学院への興味の低下、日本の論文の数の低下、これらは、red flagつまり、危機的状況の証拠だ。

この結果はこれから、20−30年後に日本の科学競争の低下に確実に現れる。優れた技術革新、医療の前進がなければ、国民の幸福度の低下にも反映されるだろ。ノーベル賞を受賞するだけが科学の質の指標で無いが、大切な指標補の一つである。この状況では、ノーベル賞受賞数も減るだろ。

民主主義を大切にする主権国家日本では、教育の体系的な戦略のみが解決だと思う。某国みたいにもちろん金をばらまき人集めする手もあるが、そういう異常なやり方はやしたくない。

では、何をすればいいのか。
1.なぜ科学(医療)が重要であるかの教育。なぜ科学が楽しいかの教育。このWhyをパッションに切り替えるスキルを身につける教育
3.ゴールに基づく科学(医療)教育でなくビジョン(夢)を追いかける教育
4.倫理がいかに身近なもので、科学(医療)に影響するかの教育

この3つを身につける教育が必要である。これらをスキルとして教える上の人材が少ないのも問題であるし、それを理解できない人達が多いのも問題である。そろそろ、日本の科学(医療)世界でも他分野で行われている努力に目を覚ます時期に来ていると思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。