スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗晶記者会見からのデータ解析

記者会見からのデータ解析「5年生存率は50%」これは何を指しているのだろうかと思う。第二期で48歳で、5年生存率50%をadjuvant onlineではじきだすのは、とても至難の業である。Adjuvant onlineを使用すると予後予測ができるので、外来で多くの乳がん専門医が米国では使用している。もちろんあくまで、予想であり、個々の症例は意味合いがずれることがあるのでご了承願いたい。
この症例をadjuvant onlineで解析すると、いくつかの推察が出来る。
1. 50%とは、化学療法もホルモン療法も何も補助療法しないでの数値?
2. 治療後の数値であるのだが、本当はかなりのリンパ節転移がある?
3. 乳がん以外の疾患を患っている?
4. 報道が間違っている?
5. 北斗さんの理解が主治医とずれている?
6. 主治医の情報開示に問題がある?
7. 僕が完全に間違っている?
どちらにしても、本当に50%の生存率ならかなり進行している乳がんと推察される。特に仮にリンパ節転移が多ければ、なぜ手術を先に行われたのかが知りたくなる。術前でも術後化学療法でも現時点では生存率に差はないのだが、非常に医学的に興味深い。
そもそもこの問題はプライバシーを考えるとあまり報道しない方が良いと思う。しかし、現時点でここまで開示したなら、より詳細の報道をマスコミが求める必要になる。もっと詳細に報道しないと一般患者に誤解を招くと思うような生存率である。
とにかくよりよい治療選択を乳がん手術の北斗晶さんが受けられることを願う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。