スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終末期医療のあり方

このNYTの記事によると米国における大きな医療センター医師の11%が無駄な治療をICUで行われていると思っているらしい。この数値は米国の医療センターとしては、妥当な数字だと思う。問題は、無意味な治療に関わっている医師達がいてることが問題である。

家族の希望は重要であるが、一番尊重すべきは本人の希望である。ICUの多くの患者はもはやコミュニケーションできない。この状況において本人の死に対する考えを医師として、生前に、しかも元気なうちに引き出すことができなかったのは医師として恥ずべき行為である。自分も反省すること多々である。

記事の原文
http://well.blogs.nytimes.com/2013/09/11/futile-care-at-lifes-end/?ref=health

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。