スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん治療のための設計図

がん治療で最も重要な項目は何か。

それは、医師、看護師、薬剤師の質?
それともがん治療の品質?
良いチーム、設備、専門知識のレベル?
どれも重要であるが、最も重要な項目は設計図(青写真)である。

設計図は、家を構築するための基本計画。建設が開始される前に、すべての建設に使用するアイテム、場所、および建築の手順がすべて整理されている必要がある。

素晴らしい設計図を持っていると素晴らしい家が建てられる可能性が高い。また不必要な、無駄な資材を使用しなくてすむ。図面を準備するには時間がかかり、図面を実行するためには最高の建設業者(チーム)を必要とします。同様のアプローチは、癌治療にも必要とされる。

私は、がんの診断の後に手術や化学療法を性急に行う医師をみたことが多々ある。本当に急ぐ必要があるのか?設計図はあるのか?家を建てる途中で青写真を変更するのは良いアイデアではない?変更は煩雑で建築を難しくさせます。がん治療の設計図をもっているか?患者として設計図を理解しているか?

患者は、次の質問をする必要があります。

1。あなたは、設計図を準備するために優れた医療チームに出会えたか?

2。あなたは本当に設計図を理解し、図面を実行できる医療チームに出会えたか?

これらはあなたがあなたのがん治療を開始する前に尋ねる必要な2つの質問です。我々は深呼吸し、自らのがんに見合ったがんチームを見つけることをオススメします。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。