スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京オリンピック・パラリンピックの考察と未来予測


1. 安倍総理大臣のプレゼン能力!日本は、そもそも今回のオリンピックの選択プロセスにおいて有力候補であった。しかし、安倍総理の貢献は大きい。彼のプレゼンの中身の対しての評価は意見はわかれるみたいだが、彼の英語プレゼンは、ホームランなり(YouTubeで見る価値あり)。いわゆるconclusionを先に言って、ともういちど、background, method, result, conlcusion。つまり、世界的には受けします。このプレゼンができない日本人が多いので国際社会で誤解を招くし、説得力を感じない日本人プレゼンが多いのが現状。例えば、3・11における国際社会への震災の説明は申し訳ないですが、最悪でした。これが世界のマスコミによりさらに悪化させてしまった現状を忘れてはいけない。

2. 日本は、違う意味でのグローバル化に突入した。つまり、原発にしても、オリンピックの運営にしても国内および国外へ説明責任が求められる。また、世界は日本の行動に注目する。これは、過去のイベント何も変わらないみたいだが、では過去の国際化とどう違うか?それは、マスメディア以外のSNS(ソーシャル・ネットワーク)が発展している状況である、不透明な説明は世界からの批判にさらされやすい。逆に言えば、世界的なコミュニケーション能力を多くの日本人がこの数年で増やせれば、日本が大切にしている価値観を世界に広げ、日本の世界における精神的な価値における評価を高められる。

3. 中国と韓国と最近、様々な点でもめているが、力による解決あるいは、軍事力(防衛力)の誇示による解決は、オリンピックを破壊するので、日本としての外交力がますます問われる。

4. 個人的には安倍政権は、これで長期政権になる。オリンピックはよくもわるくも政権の安定化が必要なので、今後選挙において、国民は政権交代を望まないであろう。しかし、これでは困る。ますます政治への関心が日本人に求められる。つまり、日本国民の政治責任がオリンピックで増えたのではなく、今後、国内の政治のあり方までが世界の日本のイメージにつながるという意識を持つ必要がある。トルコの敗因の原因は、国内の政治状況と周辺国の政治不安が貢献している。

5. では、日本人として、何ができるか。まず日本の文化、歴史、価値を理解する努力、そして、いかに、これらの考えを世界に広げる事のできるコミュニケーション能力を身につけることである。また、意見の違いを認識しお互いに話し合い、意見の違いを尊重することである。このコミュニケーション能力こそが、日本の世界への真のおもてなしになり、それがオリンピックの成功と日本の新たな門出になる。日本は素晴らしいチャンスを与えられたことを祝福したい。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。