スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Cancer Practices that We Must Consider、絶対にやらないといけないがん医療行為】

Because of the recent paper from Journal of Clinical Oncology. Cancer Practice that we must not do. I decided to write Cancer Practice that we must do.
J Journal of Clinical Oncologyにおいて、がんではやってはいけない医療行為の論文でたので、それにおうじてしないといけないがん医療行為を書くことにしました。

• Cancer care must be multidisciplinary decision or care. It is not an one person show. がん医療はチーム医療である必要がある。

• Pain must be always controlled. 痛みは必ず減らす努力する、がまんするなどもってのほか。

• All cancer patients or cancer survivors needs good primary care Drs. 全てのがん患者とサバイバーには良いプリマリーケア医が必要。

• We always need to consider patient participation to clinical trials so that we can improve the cancer care and provide good options to our patients. いつも臨床試験を通してがん医療の改善に参加する必要がある。

• All patients should be discussed about fertility regardless of age or stage of cancer. 全てのがん患者に年齢あるいはがんの進行度関係なく不妊に関して事を話すべし。

• Palliative care needs to be implemented at early part of advanced cancer. 緩和は進行性がんのはじめ関わるべし。

• Living will should be discussed early in the cancer care. リビングウイルはがん医療の初期の段階で話し合うべきである。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。