スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人工呼吸器、死の準備

嫁さん、コメントありがとうございます。。人工呼吸器をつけることには、私は医師と否定しません。また、状況に応じては非常に効果があると思います。ただ、ターミナルの癌において、人工呼吸器をするかにはかなりの疑問があります。

疑問と言うよりも、嫁さんが仰るように、元気なときに話し合う必要があるんですね。人間、いつか死ぬんですね。でも、死ぬなら、苦しまないで、愛される家族、友人に囲まれて、安静な気持ちで私は死にたいです。また、多くの私の患者もおなじことを望みます。それだけに、死の準備が必要だと思います。

死の準備は決して暗い気持ちのものでは、迎える自然の死、現実を直視するもので、死を人生の劇場の有終の美を飾るものと捉えることが出来ると、少しは落ち着いて家族、パートナーとはなしが出来るのではないのでなないでしょうか。

現実には話し合いが行われてないと、すぐに医療従事者は人工呼吸器をつけてしまうのが現状で、ターミナルでつけると外れる可能性は非常に少ないです。いったんつけると、超直接的な意志の疎通は難しいです。これでいいんでしょうか?

是非、死の準備について考えることをお奨めします。考えることが患者としての主体性を生むのです。

コメント

いかに生きたかで出来る死の準備

過去の記事に遡って見ていました。
ここの記事は何日か前に読み終えてましたが、コメント入れるにはもう少し勉強してからと思っていました。
今日再びブログを訪問し、前回どこまでよんだかなぁと辿ってたら、またこの記事で目が留まりました。
やっぱり今感じたこと書こうと思います。

兄がターミナルケアで東京の大学病院で人工呼吸器をつけたのは16年前です。
当然意識はないのですからある時期、病院側から外したいとの申し入れが家族にありました。
私も姉から打診されました。

私の当時の考えは呼吸器を外す事には反対でした。
外す事は死を意味しました。
(自発呼吸じゃないので、既に死であったとしても、そう思えなかったのです)

賛成するという事は兄の死を自分の手で・・・・と同じ意味合いでした。
(今考えると、 単なる私の我儘で自分がかわいいだけの結論だったのかも)

しかし、それはただの確認だけであって、本人が死の準備等する余裕もなかったのなら、その決定は伴侶に任せるしかないと思いました。
末期癌患者の看病は大変です。
実際携わっている人の事を考えれば、意に反していたとしても認めざるを得ないという事です。

今、自分が癌患者になって一番思うのは痛みの緩和だけはして欲しいということです。眠るように死ねたら幸せでしょうね。
痛みを我慢している兄に「我慢しないで」と言ったら、「そうだな」と言ってた事が思い出されます。

あまりにも突然の事で何の対処も出来なかった兄ですが、気持ちはよく分かります。
無念の気持ちがあると死の準備など出来ないのではないでしょうか?

最近の話ですが、老人ホームのお年寄りが自分の遺影を撮ってもらっているニュースがTVに映ってました。
明るく死の準備をしてました。
皆さんきっと十分に生きたと、悔いなく生きたと思っている方達なのかなと思いました。
以上が今現在の私の偽らざる気持ちです。私はまだまだ生きる!

返事

コメントありがとうございます。新たな記事として掲載させていただきました。
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。