スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Journal of Perfume Medicine 創刊号受付中 幻版

「Perfumeをこよなく愛し、ジェネラルで幅広い医療啓蒙するための雑誌を」という思いから発刊された『Jorunal of Perfume Medicine』は2010年6月,いよいよ創刊を迎えました。

Perfumeも憧れの東京ドーム公演が11月3日決定し、デビュー10周年、メジャーデビュー5周年、ファンクラブPTA創立三周年を迎え、Perfumeは新たな局面を迎えます。

この節目の年を記念して,『JPM』の編集委員が3人集まり、Perfumeと医学関連を深く考察し、2ヶ月間の制作期間。あいす編集委員にも第一校の論文投稿して頂き多謝。

創刊号は無料です。創刊号を欲しい方は、
1.Perfumeあるいは医学への思い、夢のコメントをブログに記入,公開コメントが条件です。多くの方々にあなたの思いをひろげたいので、コメントでメールアドレスを書きたくない人のためにも直接下記のメールに送って下さい。
2. XXXXXXXに創刊号希望で申し込んで下さい。コメントがアップされた確認後に送ります。

ちなみにこれはあくまで楽しく前向きに医療に取り組むことと
Perfumeという素晴らしい音楽グループを通して医療を考えてもらうことが目的です。
一切営利目的はありませんので。(^^)
創刊号の後も無料です。ちなみに今後もランダムに配布する予定もありません。あくまでお互いに知り合いになって初めてお渡しする予定です。

宜しく御願い致します。


ーーーーーーー
現在は受け付けておりません。




コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

BGM

薬局のBGMはもちろんperfume!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

『Jorunal of Perfume Medicine』創刊号を拝見させて頂きたいと思っています。
私は医療のことは全く分かりません。ただPerfumeさんを聴くと癒されると言うのは間違いないと思います。

私がPerfumeさんのファンになったのは「Dream Fighter」からです、新参者ですよねェ。前からyoutubeなどで動画としては観ていたのですが、今思うと何故もっと早くファンになれなかったのかと悔やむほど大ファンになりました。
 Perfumeさんのどこが好きかって言われると、本当に沢山あって特別にはあげられないほどです。まあ、すべて大好き、でしょうか。それでもなんとかあげれば
◯音楽が素晴らしい(ystkは神)でもその良さを出せるのは3人だからですよね。
◯ダンスが素晴らしい(MIKIKO先生は神)でもそれを2~3時間、長い時でも7時間でマスターしてしまうと言う、とてつもない事に驚かされます。シンクロ率の高さ、キレの良さも本当に素晴らしい。
◯トークが面白い。昔からラジオを沢山やってきた事もあると思いますが、あ~ちゃんのユーモアのセンスの素晴らしさ、のっちの他の2人にボロクソに突っ込まれてもけっして気にしないと言う心の広さ、かしゆかの的確なあ~ちゃん言葉の通訳やごくまれに黒発言を発する時のギャップも面白いですね。
◯3人とも本当に可愛い、世間は色々言いますが私は世界で1番(3人同率で)可愛いと思います。

でも、なんと言っても一番は3人の人柄ですよね。もうこれこそがPerfumeの奇跡と呼ばれる物語を引き起こした要因ですよね。世間はカエラさんを持ち上げる人が多いようですが、私は彼女の目に留まったのも3人の一生懸命さが引き起こした事だと思っています。そうです、3人の何時でも何処でも一生懸命努力する姿が、優れた才能(ヤスタカさん、MIKIKO先生、関和亮さん、他素晴らしいスタッフ)やPerfumeを押し上げてやろうと思った人々(掟ポルシェさん、宇多丸さん、カエラさん他)を突き動かしたのだと思います。

私は家庭の事情でどうしてもLIVEに行けないので、もっぱらCD、DVD、TV、ラジオ、本を購入、視聴する事しか出来ませんがこれからもさらなる活躍を願っています。

 最後に「癒し」についてですが、これはもう3人の姿、ダンス、おしゃべりを見聞きすればみんな癒されますよね。Twitterで「prfmwords」さん、を検索して頂ければ沢山の3人の名言や癒される言葉が発見出来ると思います。
 Perfumeさんが癌治療に生かされるとすれば本当に素晴らしいことです。

『Jorunal of Perfume Medicine』の成功を願っております。

それでは。

創刊号の感想

 そんな、大袈裟な感想ではありませんが、述べさせて頂きます。
 まず、NK細胞A型と言うまさしく、のっち、かしゆか、あ~ちゃんのイニシャルの完全な一致が興味深いですね。
NK細胞(ナチュラル・キラー細胞)と言う物があるのは知っていましたが、A型って言うのは本当にあるのでしょうか?(笑)。でも、なにか運命的な物を感じますよねェ。なんだかウキウキしちゃいます。
 次に、Perfumeholis(Perfume依存症)の発見が2010年4月6日というのは、かなり遅れていますね、これは医学会の怠慢ではないかと思います(笑)。
 ただ、Perfumeholisは治療しなければいけないのでしょうか?。まあ、依存によりお金を注ぎ込みすぎで破産、ホームレスになってしまう等ということがあれば治療も必要かもしれませんが、「Perfumeのファンは信頼できるbyのっち」の言葉通り皆さん大人でしっかりした人が多いと思うのですが。その点にどう解釈すれば良いのか、分かりにくいですね。まあ、この事は誰も本気で心配するはずは無いでしょうけど(笑)。
 私のような医学的知識ゼロの人間には、専門用語があまりに沢山出てくると読むのが苦しくなるかなとは思いますが、今後の発展に期待しています。
 あと、創刊号は無料との事ですが、以後は有料になるのでしょうか?。あまりに高くなると手を出しづらくなりそうです・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

これはすごい

これはすごい。内容がまったく想像ができないがぜひ読ませていただきたい。自分はここ数年Perfumeのライブはかかさず行っている。またがんセンターにも仕事で縁がある。両方理解できるつもりだが、まったく内容が想像もつかない。別々に認識していたものが同じライン上に乗せられると大変違和感がある。しかし悪い感じはしない。興味がわく。ぜひ読ませていただきたい。

JPM創刊号希望

上野先生のツイートを拝見してるうちに遅ればせながら、perfumeのファンになってしまいました。最近は「ナチュラルに恋して」が頭から離れません。もしや脳内にあ~ちゃん細胞が…。私としては、かしゆか細胞の方がうれしいかもです。

Re: よろしくお願いします

送りたいのですが、メールをperfumemedicine@me.comに送って頂けませんか、また出来たらコメント公開したいのですが。すばらいし、コメントです。

JPM発刊おめでとうございます

JPM発刊おめでとうございます!
パフュームクラスタの医師の一人としてお喜び申し上げます。写真も綺麗でNature同等の出来栄えで感銘しました。
日頃私は患者様とPerrfume談議や振付を真似たりで患者様とも素敵な笑顔コミュニケーションが取れています。明るい緩和ケアと統合医療…笑顔と幸せな時間が増やせればと願っています。
Perfumeは幸せを運んでくる力と生きる勇気の糧になります。今後ともPerfume医学の益々の発展をご祈念申し上げます。

創刊号希望です

正直医学の事は全然分かりませんが、Perfume医学というのは興味があります。
送っていただければ幸いです。

PerfuMedicine

ビタミンドロップでその存在が予言されていた治癒能力を信じるみんなのためのドラッグデリバリーシステム。深い傷口さえもふさぐ、その作用機序が解明されるのか?!

希望します

Twitterで先生のつぶやき拝見しています。
医療にかける情熱が本当に伝わってきます。
あちこちに散乱する健康情報にまどわされず
健康的に生活するにはどうしたらいいのだろうと
日々考えています。

Perfumeは、旦那さんの影響で聴くようになり、
聴いてみたらなんだかわからないけど
自分の身体にリズム感が戻ってくる感じと言うか
細胞が生き生きしてくるような気がします。
これは本当に不思議。
医学的な根拠があるのならぜひ知りたいですね。

読みたいです

とっても興味深いです。
Perfumeは売れない頃からずっと追いかけてましたし、
仕事では医療支援ツールの開発に関わっています。
この2つがいかにリンクしているのか、とても気になります。

お笑いが癌治療に役立つって話はきいたことがありますが、
同じような観点なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

JPMご恵贈希望

上野先生の情熱に感動しました。医療をジェネラルに・・・ここまで越境される瞬発力はワールドクラスだと思います。おって2.のメール送付をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

創刊号ぜひ希望いたします。

自分の仕事で同じような企画が今度ローンチ予定ですが、何かを啓蒙していく場合、インフルエンサー(タレント)の起用はかなり重要だと思います。

企業からの「知ってください!」ではいかにそれが正しくてもユーザーを動かすのはなかなか難しいですよね。

特に医療系に関しては皆「どこか必要性を感じつつも、動かない」「見てみないふりをしている」傾向がある気がするので、その潜在的意識を顕在化させる有効な手段だと思います。

まあPerfumeのファンがPerfumeコンテンツだけに惹かれてくるだけなら意味がないですが、それもひとつの「きっかけ」。きっかけ作りは意外と難しいんです。。

ぜひ創刊号読ませていただきたいです。

すみません、ぶっちゃけ興味本位ですが(爆)どんな内容か気になります。よかったら送って下さいませ。

「医療とPerfume!?」

と、一見クビを捻りましたが、
ホームページを拝見してビックリ。

医療のプロフェッショナルが、
妥協することなく、本気で取り組まれた、
情熱の結晶のようですね。

僕たちのような、医療の世界を知らない人間にとって、
このような切り口から、専門分野の奥深さを垣間見せて頂けることは、
とても楽しく、幸せなことです。

是非、貴誌を拝読させて頂きたく思います。

趣味と生業は、なかなか一致させることが難しいですが、
この活動を拝見し、
「本気で好きというのはこういうことだ」
という、プロとしての、ファンとしての誇りを見せていただいた気がします。

これからも頑張ってください!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

興味深々

上野先生。いつもTwitterで情報を楽しませていただいております。今琉大病院のがんセンターでPCをお借りしてコメント記載しておりますが、何と9月に沖縄においでになるとの事!!ヤッター!!!
医療音楽誌創刊おめでとうございます。
こうして一般の方々に啓発をしていくツールが増えていくのは大事な事。内容とても楽しみに致しております。
がんセンターからも申し込みする様、スタッフに伝えておきますね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

創刊号希望

人間ドックで、影が見つかり、CT撮って、影が大きくなるかどうか観察中です。Perfume聞いて影が小さくなるといいなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

購読希望です!

No music, No lifeのタワーレコードとのコラボもかつてあったPerfumeですが、音楽やリズムと、生体には奥深い関係があるかも知れないと思います。そういった記事も読めたらなぁと思い、とても期待しております!

人間の生来持つ力に注目しています。先生方の真剣さに魅せられて創刊号希望いたします。よろしく御願い致します。
specific_b_j@yahoo.co.jp

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

創刊号希望

Perfumeの3人には夢を叶える力、元気を与える力があると思います。医学のことはあまり知りませんが、Perfumeから学ぶってのも悪くはない気がします。

祝!創刊

twitterで情報を拝見してお邪魔しました。元々音楽はymo一筋だったのですが、最近知り合った友人の誘い(友人はPTA会員です)で11月3日の東京ドーム公演を申し込む事にしました。
創刊号を有人にプレゼントしたいので是非お願い申し上げます。

創刊おめでとうございます

コメントって,ブログのコメント欄のことだったのですね.
再投稿です.

病も気からといいますが,病気でしんどいのは身体がネガティブになることで精神までネガティブになってしまうことだと思います.そして,好きなアーティストの作品に触れることにより精神的にケアされ病気と戦う力がわいてきたという体験談はよく聞くところです.

しかしながら,そういった効果を学術的に研究する取り組みはまだまだ遅れていると言わざるを得ません.Perfumeは近年 老若男女問わず絶大な支持を得ているアーティストです.調査標本が日本国内に多く分布するため,研究対象としては理想的といえます.Perfume分野で世界最先端を走る日本において,本誌のような取り組みが進むことは,医療研究においてもPerfume研究においても有意義なことと思います.

本誌の今後の発展を祈願いたしまして,JPM創刊に向けたお祝いの言葉に代えさせていただきます.

というわけで,JPM創刊号希望です!ww

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Perfumeの思い:続・ JPMご恵贈希望

お手間を取らせて恐縮です。パフュームは、最初カプセル(中田ヤスタカ)のファンとして音源から聴くようになったのですが、応援したいなと思ったのは、ニコ動やyoutubeで彼女達の、挫折して当然であろう経歴の上での今を知ったのが大きいです。80年代に思春期を過ごしたせいか、アイドルというジェネラリスト(ターゲットは一般大衆)に、いわゆるアーティスト(専門特化したファン層が相手)とはまた別に活躍していてほしいという思いがあり、またそうした区分けを超える「スター」として、彼女たちは今なお成長しているのではないかと思っています。東京ドーム公演はチケット応募するつもりです。

JPMって!!

NK-Aのっち・かしゆか・あ~ちゃんが世界をまた救うとは!心の粒子が効くのでしょうか?
ぜひ創刊号を送ってください。雑誌持って東京ドーム行きます。

JPM創刊おめでとうございます!

上野先生こんにちは。
いつもtwitterでは優しくお答えいただき、感謝しております。
私がPerfumeを聴き始めたのはほんの数ヶ月前で最近のことですが、
主にゴハンの支度をしている時に聴いています。
すると支度もはかどるし、気分も良いので、
いつもより美味しく作れているような気がします。
これが単なる気のせいか、はたまた根拠があるのか、
JPMを読めば答えに近づける何かを見出せそうです。
ぜひ拝読させていただきたく思います。
よろしくお願いいたします^^

興味津々です

はじめまして。
年に1回の人間ドックに行くような歳になって数年、いろいろ健康のことを考えます。

最近の似たような音楽に僻易していたところへ彗星のごとく現われたPerfumeに魅了され早3年。この歳になってファンクラブに入るとは思いませんでした。

Perfumeとがん治療がどのように結びつくのか、興味津々です。ぜひ拝読させてください。

twitterもフォローさせていただきました。よろしくお願いいたします。

なんと!

perfumeは地方のドサ回り(笑)の頃に、たまたま見かけて以来ずっとチェックしていましたが、一気にトップまで駆け上がって今は嬉しいやら寂しいやらです(笑)
最初にステージを観た時、かなりグッときた事を覚えています。

で、そんなperfumeと医療とのコラボとは?

全く思いもつかなかった組み合わせに非常に興味がありますね。
一般人にしてみれば、医療とは一番身近なハズなのに一番知識不足な分野のように思えます。
これを期に、色々知ることができたらと思います。

創刊号、希望します

尊敬する上野先生のパッションを共有するには
やはり創刊号を読ませてもらうしかありません!

医療を提供する側も、受ける側も、楽しく生きること、なおかつEBMを大切にすること、その2つを両立させることがとても大切だと思います。
パフュームも、ヘビメタも、全然詳しくないわたしですが、密かに「Cancer Adovocates文楽・歌舞伎友の会」設立を夢見ています。そのためにも、JPM創刊号を参考にさせていただきたいと思っています(笑)。

よろしくお願いいたします。

おお!!

19歳のしかも文系ですがこれにとても興味をもちました。
Perfumeは大好きですし、医療との関係についても拝見させていただきたいので、よろしくお願いします。

送ってください

内容の想像がつかないですが、是非読みたいです。
翻訳情報をもっとどんどん利用してほしい・・英語の情報のよいところを伝えられたら。日本にもよいところを取り入れ、融合して、もっと医療者、患者共に満足のいく透明な癌医療があればーと日々格闘しています。

PerfumeのMusicはいいですね~好きですよ。

購読希望

私は、かしゆか派です。
よろしくお願いいたします。

創刊号読んでみたいです!

医学とPerfumeのコラボ。
とても興味があります。未知過ぎます。

病は気から、と言いますが、逆に気分がいいことで病気にかかりにくくなることもあるでしょう。
医学に全く精通しておりませんので、大きなことは言えませんが、心の病は少なくとも気分に左右されるところがあるわけで。
楽しくなれる音楽を世の中が必要としていると思います。
そしてPerfumeは心を明るくする力があると思います!

Perfumeはもちろんですが、もっともっと明るい曲(かつ、使い捨てにならない名曲)が増えるといいなと思います。

創刊号送付希望

はじめまして。Perfumeによる紛争予防の可能性について研究しております。Perfumeがライブを行った国同士は戦争を行わないという国際政治理論を確立し、ワールドトゥワーと世界平和の同時実現を目指すべきという政策提言を行っていきたいと考えております。
医学領域における上野先生のPerfume研究については以前より関心を持っておりました。学際的な研究からこそ革新は生まれるものと思います。今後の研究の参考の為、一部ご送付いただけますと幸いです。

医療とPefumeのコラボ

私は10年まえ急性重症膵炎を煩い、闘病してきました。幸い、2ヶ月入院で回復し、その後結婚もし、幸せに暮らしてきましたが、妻の浮気で悩み、膵炎も再発。その後、離婚して今に至ります。
膵炎再発の、その辛い時期を支えてくれたのがPerfumeでした。Perfumeにより生きる希望を見いだし、また、Perfume以外の音楽に対しても積極的になりました。当時SakuSakuを病室から試聴して(TVカード)ましたが、貴重と思わなかったのが印象的です。
音楽は人の心を変える魔法です。人を治す医療への応用は限りが無いと思います。
是非、創刊号の頒布を希望致します。
よろしくお願いします。

興味深々です☆

こんばんは♪
ツイッターでフォローさせて頂いています。
興味津々で、ぜひ、読みたいです。
普段は、コツコツと臨床データを積み上げています。がん患者さんにより安全で効果があって、辛くない医療を受けて頂きたいです。
QOL向上のためのボディワークも施術しています。
全身の緊張を優しくほどいてリラックスしてもらえたら嬉しいです。
あ~ちゃんの歌声には及びませんが(笑)
創刊号、楽しみです、宜しくお願いします。

JPM創刊号の感想

創刊号購読させていただきました。
NK細胞の活性化が出来れば癌患者に撮っては素晴らしいことだと思います。一方、 http://news.ameba.jp/weblog/2008/09/17571.html のように、社会生活が困難になるような症例もあり、Perfumeholismの今後の更なる研究が待たれる所だと思いました。
今後の研究に期待致します。

その先にあるもの

すばらしい取り組みに鳥肌がたちました!!
ぜひ創刊号をお願いします!!

perfumeの魅力をなんだかんだ分析する人がいますが
結局のところ、分析不能なんですよね。

非科学的とか、不合理とか言われると、本意ではないのですが
医学にしても、科学にしても、心理学にしても
究極のところまで突っ込んでいくと、どこかに神の領域が
あると思うのです。

それは、限界、ということではなくて、ある一定の慎み深さ
というか、ガチガチに固めた合理の先にあるクッションというか・・・

僕はPaerfumeはそのような場所と同じような気がしてならないのです。

テクノとアイドルと広島弁と・・・融合がどうしたとか、昔っぽいとか
中田ヤスタカサウンドとか、そういう事ではなくて、その先にほっこりと
たたずんでいる、奇跡的な場所のような・・・

コンサートを見ているうちに、頭がぼーっとしてきて、そのうちに
涙が溢れてくる、きっとそんな経験をした40代のファンってたくさん
いるんじゃないでしょうか? 僕もそんなひとりです。

長々書いてしまいましたが、そういう彼女たちの魅力と医学がどのように
結びつくのか、とてもとても興味深々です。
応援しています。ぜひとも素晴らしい雑誌を!!!!!

ひねもすのたり(40代男性)

JPM希望します

twitterで先生の医療とPerfumeへの熱い思いを日々感じています。
私も薬剤師として医療に関わりながら、ライブや音楽、トークからもらえる笑顔に励まされてパワーもらいながら仕事を続けていますが、このパワーが医療に波及するならばすごいですよね。
JPM是非拝見したいのでよろしくお願いいたします。

追伸 先日診断書を見ていて「チョコレート膿疱」という言葉を見た後、チョコレートディスコが脳内リピート状態になりました

前コメントの誤字発見(^^;

× チョコレート膿疱
○ チョコレート嚢胞 でした
#prfmmedとしてお恥ずかしい限りです。失礼いたしました。

創刊号希望

JPM創刊号欲しいです!!

遅くなりましたが、JPM創刊号おめでとうございますw

Twitterではいつも勉強させていただいております。

遅くなりましたが、創刊おめでとうございます。

コメントなんて書こうなんて思ってたら、あっという間に時間が過ぎておりました(汗
私は、マカロニを聞くと仕事でつかれた脳細胞が癒されるという自覚症状があります。近所の先生に何故か聞いてみたのですが、医学的に根拠は解明されていないと・・・

是非、私の謎を解き明かしてくれることを楽しみにしています!

JPM希望

上野先生はじめまして。
製薬会社に勤務し抗がん剤の開発を担当しているものです。
Twitterははじめたばかりで、上野先生のASCO Reportに感激しました。その中で、たまに出てくる"Perfume"って用語が何のことだと思っていたところ、やっと理解できました。一般に"音楽"とNK細胞活性でなく、"Perfume"限定なところに意外性と興味を感じ、遅まきながら聴いてみようと思います。

JPM希望します!

はじめまして!
友人から聞いてHP拝見しました。

残念ながら医療とは無縁ですが、
『Perfume』のファンです。
どんな形での≪医療とPerfume≫の関わりを
取り上げられてるのかすごく興味あります。

是非、拝見できればと思っておりますので
宜しくお願い申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

読みたい!

依存症で、こまっています。テスト前に取りつかれて何も手に付かなくなりました。英語版もあれば合わせてよませてください。宜しくお願いいたします。

とっても読みたいです!

昔,テレビで見たのですが,脳に小児ガンができた3歳くらいの子に主治医が,君が寝るときに,君は宇宙艦隊の司令官として頭の中のエイリアン(ガンの腫瘍のこと)と戦うことを毎日想像してごらんと話したところ,その子は毎晩毎晩想像していたそうです。そしてある日,その子が「敵がいなくなっちゃった。」と言ったので,調べたところ脳内の腫瘍が小さく小さくなっていたそうです。病も気からといいますが,精神の力にはまだまだ隠されたものがあると思います。

わたしが,Perfumeに触れるとき,いつも不思議な力をもらう気がしてなりません。3人の素敵でかつ強い信頼関係のようなものが伝わってくるからかもしれません。個人的にはPerfume波と勝手に命名しています(笑)

というわけで,JPM創刊号熱烈希望です!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

トラックバック

[prfmmed][perfume]JPM創刊のお祝い

Perfumeholismという言葉を知っているだろうか。Perfume依存症とも言われるこのPerfumeholismを学術的に研究しようという活動がtwitterの#prfmmedクラスタで行われている。今回、Perfumeholismの発見を契機にPerfumeの医療への貢献を科学的に検証するため、新医学雑誌、Jour

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。