スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンコロジードリームチーム・プロジェクトフォーラムと記者会見


3月19日に行われました記者会見および2月21日開催のキックオフ・フォーラムが無事成功裡に終了いたしました。
特に、「マイ・ドリーム」撮影ボランティアにご協力をいただき、深く感謝申し上げます。

オンコロジー・ドリーム・チーム・プロジェクトとはなんぞやに関してはこのブログを読んでください。

また当日の様子はツッイターでまとめたサイトがありますので、読んで頂くと雰囲気が分かります。

膳場さんと一緒に自分たちの夢を共有しました。
Dream



最後に夢を共有したあと全員で写真を撮りました。見てください・

3月19日記者発表会

オンコロジードリームチーム・プロジェクト」および「一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトの設立」について

当日は、新聞・雑誌等の記者47名に参加を頂きました。担当PR会社によれば、医療関係でオンコロジーという名称が冠された会見としてはかなりの数の記者が集まったとのことです。
今回の記者発表での目玉は、「マイ・ドリーム」を記者の方々にも書いていただくセッションを設けたことです。なお、掲載記事は下記をご高覧ください。

・記者発表の掲載記事

http://mainichi.jp/life/health/news/20100326ddm013100171000c.html

http://news.e-expo.net/topics/2010/03/post-100.html

http://aga-data.com/?p=4092

3月21日キックオフ・フォーラム

参加申し込みは定員約700名前後のところに、940名の申込がありました。
それでも当日はあいにくの天候不順や交通への影響などもあり、集客が心配されましたが、420余名の方々にご来場頂き、盛会となりました。

特に「マイ・ドリーム」を書くセッションで、実際に自分の夢(ビジョン)を書き、周りの人々にマイ・ドリームを見せ、語り合うことにより、本会の主旨がよく伝わったようです。
ちなみに、マイ・ドリーム撮影の手助けをした親子(母親70歳代、娘40歳代・教師)から、「このような会は初めて。母親も喜んでいる。ぜひ帰ってからあらためて写真を送りたいし、周りの人々にこの会のことを伝えたい」と逆に有難いお言葉を頂きました。

なお、当日は募金箱を設け、47,233円の寄付を頂きました。1000円札だけで33枚ありましたので、おそらく数十人~百人前後の方々から寄付を頂いたと推測されます。
フォーラム関連の掲載記事は下記をご高覧ください。

・フォーラム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100323-00000001-cbn-soci

http://ayu.excite.co.jp/News/society/20100323/Cabrain_26872.html

http://news.livedoor.com/article/detail/4674190/

http://health.goo.ne.jp/news/cabrain-26872.html

http://fucoxanthin-extra.com/?p=2913


・当日フォーラムに参加された三原じゅん子さんのブログ. 三原じゅん子さんが突然会にこられて、嬉しかったです。僕自身は彼女の活動をあまり知りませんでしたが、この会を通じて今後色々コラボできそうなのでハッピーな気持ちです。
http://ameblo.jp/juncomihara/day-20100321.html


大成功に終わり感謝の気持ちで一杯です

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。