スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オンコロジードリームチーム・プロジェクト= マイドリ (my dream)」なんぞや

今週の土曜日には日本に行きます。楽しみ!
さて最大の目的は日本臨床腫瘍学会出席のためです。また、「オンコロジードリームチーム・プロジェクト= マイドリ (my dream)」をキックオフさせることです。一部にはPerfumeマイドリの公演のための来日という噂がありますが、それは否定しておきましょう。(^^)

「オンコロジードリームチーム・プロジェクト= マイドリ (my dream)」はなんぞやという質問を受けるので。
バックグラウンド(背景)を説明させて頂きます。

「オンコロジードリームチーム・プロジェクト」は、本年3月21日に本格的にパブリックに公開し、スタートする予定の「がんに関心をもつすべての人々に向けての、誰もが参加できるプログラム」です。本プログラムを立ち上げるその背景は、以下の2点です。

①日本人の2 人に1 人ががんにかかる今日、誰しもが最良の治療を受けたいと願うものの、実際は住む地域によって大きな格差があることが指摘されている。

②国や自治体ががん医療に積極的に取り組む姿勢を見せる一方で、医療現場では最適な治療を求めて悩む患者さんが“がん難民"”として報じられ、“医療崩壊”などのネガティブキャンペーン
によって多くの医療者がジレンマを抱えている。

このような現状を鑑み、私たちは私たちができるところから、がん患者さんの苦しみ、医療現場のジレンマに「前向きに」立ち向かっていきたいと思います。そして、現状の困難さを列挙するだけではなく、がん医療の夢、あるべき姿や将来を見定め、患者さん、患者家族、一般の方々とビジョンを共有し、そのビジョンを現実にする活動を推進したいと思っています。

そのためには、国および地方自治体のこれまでの努力に加え、「患者さんを中心としたがんのチーム医療(オンコロジー・ドリームチーム)」を推進する見識と将来を見据えた夢をもち、科学的根拠をベースにした医療(EBM) について自ら発信できる「医療現場のリーダー」を、みなさんとともに育てていく必要があります。そして、そのためには医療者のみならず、患者さん、ご家族、そして市民の皆さん自らが中心となってムーブメントに参加し、医療への夢を語ることが大きな力となります。

この目標を達成するために、3月8日に、一般社団法人オンコロジー教育推進プロジェクトを設立いたしました(別紙参照)。昨年11月に、財団法人 聖ルカ・ライフサイエンス研究所(日野原重明理事長)のご協力を得て、“マイ・ドリーム”の写真公募および“マイ・ドリーム”基金を立ち上げてきましたが、本社団法人ではこれらの活動を引き継ぐと同時に、その活動対象を患者・家族・一般生活者へとさらに発展・拡大していく所存です。“マイ・ドリーム”の写真公募については、詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://www.oncology-dreamteam.org/

なお、“マイ・ドリーム”基金は、患者さんと医療者の「がん医療に対する夢」=ビジョンをかなえるための次世代のがん医療専門チームリーダーの育成と、本活動を多くの一般の方々に理解して頂くための活動に活用したいと考えています。

医療者の方々や患者の方々だけでなく、ご家族・ご友人の方々にもお話頂き、ご賛同とご参加を頂ければ幸いです。

一人でも多くの方々と一緒に“マイ・ドリーム(愛称:マイドリ)”の輪を広げていきましょう!
日本で一番楽しいムーブメントに一緒にしませんか。(^^)


ぜひ、皆さんのマイ・ドリーム写真の応募をお待ちしています。

また、基金への寄付も出来ましたらお願いいたします。(^^)

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。