スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガン治療の選択

先日のテレビの放映以来、アンダーソンがんセンターに治療の機会がないかの連絡が多くきている。一番の質問は日本にも同じものがないか、
あるいはもっと違う治療法がないかということです。

さて、本当に良いと思われる病院は世の中に二つしかないです。
この二つの分類はあくまで科学的に二つに分けますので。

1.標準療法と臨床試験あるいは治験が豊富に行われている病院です。今のガン治療の結果には限界があり、よりよくする必要があります。はっきり言って勝手に治療法をつくって、勝手に思いこみによって患者の個別治療するのは最低です。治療法の選択肢が限られているなら医療従事者はよりハイレベルな臨床研究を行う必要があるし。患者は臨床研究をもとめて医療うけるべきだと思います。無いときにはどうするか、ここでチームとして医療従事者がコンセンサスがあるかと言うのが大切です。

2.もう一つの病院は標準療法がちゃん行えて、行えないときには臨床試験(治験)のある病院と連携することができることです。

理想の科学的医療てこれしかないんです。このどちらでもないと言うの大きな問題のあル病院です。改善必要です。

臨床研究を無視する患者も医療従事者も無くす必要があります。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

生きることへの執念

ガンになるとつらいことでいっぱいです。短い文書につらい思いが伝わってきます。娘さんの生きる執念の姿をみて、何を感じてると思います。また、娘さんが生きることへの糧になっているんでしょうね。どんなときでも希望をもって生きることが大切であることを感じます。
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。