スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話し合うのか?

病棟もようやく終わり、これからもう少しペースをだしてブログを書き出したいと思います。私たちの病棟の忙しさは想像絶するものがあり、なかなか表現することができません。先日も日本から見学きて、聞かれたのは、

先生方の医療チームはなぜそんなに時間をかけて話し合うのかを聞かれました。何故といわれると少し困惑するのですが。笑
答えをすこし考えてみると。

1.習慣だから。いつからといわれると答えがないのが正直な答えで、結構研修中からの慣習化もしれないです。
2.話さないとお互いの同意が確認がとれないからかも。あんうんの呼吸は存在しない。
3.お互いの教育の場だから話すのかも。
4.確認して、同意しても時間がたてば意見が変わるので再確認が必要だから。
5.医師はチームのリーダーという立場に置かれても、必ずしも偉いわけではない。みんなパートナーだからかも。

なんといえないですけど、こんなところですかね。
とにかくいつも話合う必要が医療はあります。それは患者も含めてのことですがね。
患者も話さないと取り残されていきます。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。