スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミングが重要 [ステップ4 質問上手になる]

さて、医療者に質問したいと思ったときに壁になるのが、「医者が忙しそう」「うるさい患者と思われたくない」という感情です。これを乗り越えて、どうコミュニケーションの端緒を開くか。これにはやはり、聞き方のコツというものがあります。

医療者が忙しいのは、残念ながら、どこの国も同じです。どんな優秀なシステムを作っても、患者さんがいる限り、医師は忙しいのではないかと思います。本当に忙しいかは別としていそがしくみえるのです。しかも、看護師も薬剤師も。

だからといって、患者が「説明してください」と言ったときに、「めちゃくちゃ忙しくて、そんなことを説明しているヒマはない、あなたも知る必要はない」などと言う医者がいたとしたら、それはもう、病院あるいは医師を変えたほうがいいでしょう。そんな態度の医療者では、医療事故にもつながりかねないし、仮に行われている治療が正しいとしても、長い目で見ればあなた自身が満足できないわけで、良くないことです。

あなたの主治医が忙しいことを理由に説明を拒んだら、いつだったら話をしてくれるのか、聞いてみてください。朝から診察券を出して待っている人が後ろに50人いて、診察室で1時間時間を取ってもらうのは、医師にとっても患者さんにとってもストレスでしょう。通常の診察時間では時間がないと感じたら、その時間に、医師が余裕を持って話ができる時間の約束をもらいましょう。

 それでも患者に求められた質問に答えようとしなかったり、無下にうるさがるような医師や病院は仮にどんなに名医といわれているような人や有名病院だとしても、同じ医療者の立場として、良くない医師、良くない病院だと私は思います。

一番大切な第一歩のは先生あるいは医療従事者といつ質問するのがいいのかを聞くべきです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。