スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Closure, 死のプロセス

大切な人をうしなって感じたことをいくつかを思ったことを少し箇条書きにする。

1.もっと話しをすればよかった。かんけでもよかったけど、話をするべきだった。
2.もっとコミュニケーションがとれればよかった。
3.もっと一緒になんかできればよかった。
4.もっとなんか思い出をつくればよかった。
5.写真ぎらいでも、写真あるいはビデオとるべきだった。意外といいものがとれてないか。自然体の写真がないんです。
6.一番感じたのをもっと死の迎え方を故人と具体的に話しあうべきだった。個人の遺志は具体的でないと具現化できなとしみじみとかんじている。

もっとあったけど、心がnumbなのでおぼえていない。このプロセスは誰もがとうるんだけど、なれないものである。皆さん、考えてください。少しはお役にたてればと思います。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。