スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレ「真相報道バンキシャ!」年末特番「MDアンダーソン がんセンター」


12月27日(日曜日)16時30分から放送の、日テレ「真相報道バンキシャ!」年末特番。お題はがん。取材対象は、テキサス州ヒューストンにある「MDアンダーソン がんセンター」。Yu
MiyaiディレクターとMiho Suzukiのタッグと多くの人の協力で作成された番組です。正確な放送時間は午後五時くらいかもしれません。是非見て下さい。

------

宮井ディレクターのコメントを転載させて頂きました。

メイキング・キャンサー・ヒストリー(がんを過去のものにする)というキャッチフレーズを掲げ、がんをこの世の中から駆逐する---エレン・イェーガーのような目的意識で病気と対峙する、世界一のがん専門病院である。MDアンダーソンでは、医師の判断にすべてを任せるのでなく、患者自身が医療の主役として、治療の決断する「患者主体」を尊重している。例えばこれは、被災地支援における自主自立の創出にも似ていて、とても共感するものだ。しかし、この姿勢を社会の大多数にインストールできるかというと、そう事態は簡単ではない。

ネット上ではトンデモ情報があちこちに行き交い、書店でも「医師が患者を殺す」センセーショナルな見出しのこれまたトンデモ本が部数を稼ぐ日本で「患者主体」はすんなり馴染みはしない。

患者が思うがまま、主体的に治療を選択した結果、治る病気も治らないことが多々ある。

本人が悔いなく生きることができたら、それでいいかもしれないが、遺された人たちの「納得」はどうなるのだろうか。適切な治療を選べば、助かることができたのに…正しい治療を促すことが出来なかった、私たちが悪いのか…と。

「正しさ」の強要はあまり好みじゃないけど、生死を分ける局面、首根っこをひっ捕まえてでも、他者が正しく、適切な選択を促すことは必要ではないか。そんなことを煩悶する取材だった。

いかに病気を認識し、どのような医療を選択するかは、生きることに直結する。故に、正解がない。

理想を描いても、すぐに現実の矛盾が押し寄せる。無常のサイクルの中で、「それでも」とやるべきことを見つけ、行う患者や医療者の姿に、学ぶことがたくさんあった。その一端をVTRに込めた。

私一人ではとても手に余る企画を、有能な記者さま、デスク、総合演出など…番組スタッフの助けを借りながら何とかまとめることが出来た。よければチェックしてみてください。
スポンサーサイト

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。