スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ステップ6 その治療(最新治療)は標準療法か] 標準治療こそがすばらしい, 牛丼の並盛でない、特盛である。

現時点で信頼度の高いエビデンスがあるとされる治療は、非常に多くの患者さんにおいて、科学的な効果が確認されている信頼できる治療なのです。そして、そのようなエビデンスに基づいて組み立てられるのが標準治療 (Standard Therapy) です。

世界中どこへ行っても、それが確実に結果を出す治療であると専門家の誰もが認めているものです。決して一医師の経験や一病院の判断で行われているものではありません。

標準治療は、それを受けた人がどのような経過を経てどのような状態に導かれていくのか、どのような結果を出すのかということが、膨大なデータによってはっきりわかっています。どのような副作用が出る可能性があるのか、どれぐらい延命するのか、また効かない可能性がどれだけあって、どこでそれを判断するのか。そういう細かなことまでがきちんと予測できます。

いわゆる、ベネフィットとリスク(副作用)が明快にわかっている治療です。ですから、どんな場合も安心して薦めることができますし、患者さんにとっても一番安心できるということになります。治療の地図で言えば、誰もが通りやすいメインストリート。危険な箇所もすべてわかっていて、きちんと道路標識が整備された、目的地までの一番の近道ということができるでしょう。

標準治療は、誰が、どこでどのように定めるのでしょうか。たとえば、乳がんでいえば、おおきく3つのガイドラインがあります。NIH(米国立衛生研究所)が出すもの, ザンクトガレンの学会で毎年確認されるもの、NCCN(米国立がん研究所)が出すものです。このように標準療法のガイドライン作りをとっても数種類存在します。さらに、日本国内の事情を反映する意味で、日本乳癌学会でもガイドラインを作っています。しかもそれぞれのガイドラインは学会により中身が多少違います。ですので、一番大切なのはここの病院あるいは医師が自分の直面する医療現場でどのガイドラインを引用するかのコンセンサスをとることが一番大切なのかもしれません。

問題はstandard therapyの訳かも知れないですね。いかにも牛丼の並盛あるいは、お寿司の梅みたいに「標準」という言葉を印象を感じる人が多いのかも知れません。なんか良い訳ないんでしょうかね。本当は標準療法は松、特盛りなんですが。笑
スポンサーサイト

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。