スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ステップ6 その治療(最新治療)は標準療法か]

患者さんは、日々様々な情報にさらされています。自分で調べようという気持ちがなくても、テレビをつければ健康番組。雑誌も健康特集は中高年向けの人気企画です。健康専門の雑誌、がん患者専門誌も複数あります。もちろん新聞も医療記事が載らない日はないでしょう。また、インタネットにより医療情報が溢れています。こういったメディアあるいはインターネットからの情報で患者さんが最も関心を持つのは、やはり「最新がん治療」「がんが治る」の情報ではないでしょうか。
 
先日も、私がアメリカから帰国しますと、家族がぜひ見てくれと、録画したものを持ってきました。「あなたも知らないかもしれない、こんな素晴らしい治療がある」といって、あるテレビ番組を見せてくれるのです。
最新治療イコール治る。 これであなたのがんは治る。これであなたのがんを予防できる。 治ると書いているので治ると思う。というのは、非常に短絡的です。情報が間違っているとかいう以前に、結論が明快すぎるのです。笑。

病気はそんなに単純なものではありません。特にがんのような病気が、ある治療で一発で解決するようなものなら、すでにがんに対する解決策は生み出されているでしょう。
ここで大事なことは、最新治療は、必ずしも標準療法ではないということです。みなさん、意外とわかっていないのですが、がんの治療で最も素晴らしいのは、標準療法なのです。

次回は標準療法の定義について紹介します。
スポンサーサイト

未来の医療に投資する、科研

サンディエゴでNIH科研の審査をしています。

何これと思う人も多いと思うのではないでしょうか。
科研はアメリカの多くの臨床試験と基礎研究の資金となります。R01といわれている科研は一年に2500万円を五年ぐらいくれます。日本の研究も多くの資金が国から注がれていますが、みなさんはどのように動いているかご存じですか?

研究資金がどのように配布されるかを決めるにはいくつかのステップがあります。
科研を準備する。科学を検証する。検証してランクをつける。そして、国家予算に基づいて資金を配布する科研の数を決める。

さて、科研の審査をするには科学者としても医師としても確立している必要があります。基礎しか理解してない人、臨床馬鹿、臨床も理解してない人、こういう人たちが集まるとお金はとんでもないところに行ってしまいます。また、エゴのかたまり、自己中も困ります。

つまり、誰が科研審査するかによって、医療と科学の流れが決まるのです。米国でガン研究を深く理解している患者がconsumer(消費者)として一部の科研の審査に参加しています。消費者と医療従事者と科学者が一緒に審査することによりバランスのとれたお金の流れ。つまり、私たちの未来に投資するのです。

千葉県がんガン患者大集合大会2009(2)

無事講演会もおわり、楽しく参加者と運営委員の方々とお話しさせていただきました。
千葉の患者、行政、と医療従事者が地域連携をくんで、チーム医療に取り組む姿に感動しました。千葉の皆さん、頑張ってください。

では、アメリカに帰ります。

千葉県がんガン患者大集合大会2009

ヒューストンの空港でボーとしながら、書いてます。
日本まではコンチネンタル航空で13時間です。

明後日の日曜日に千葉で講演します。
会のテーマは「最善のがん医療を受けるために」
最高の医療をうける患者学がテーマです。
興味があれば下記のリンクをみてください。
http://www.chiba-gan.net/activities.htm

楽しみにしています。

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。