スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癌治療原則5:患者の満足度を高める。患者の思いはわからない。

癌治療・ケアの目標はがん患者の高い満足度を得ることである。医療従事者はこれを肝に銘じる必要がある。いうのは簡単だがむずかしい。満足度は、癌お縮小する、切る、長く生きるなど、様々なものによって向上する可能性があるが、これだけでは決して満足できるかは全く別問題である。患者自身の社会的なニーズ、あるいは個人のニーズによって大きくかわる。このニーズが何かは個人によるが、仕事を続けたい、孫と一緒にすごしたい、おいしいものをたべたい、様々である。

つまり、このニーズは患者が言わないと医療従事者はわからないのである。また、家族が代弁できないことも多々ある。家族に遠慮して言えないときもある。でも、この人生におけるニーズをむづかしい病気でみつけるのはとてもむずかしくかんじるときにある。人生のニーズがわかっている人は、医療従事者とのコミュニケーションが得意な人が多いと思う。

何で生きているのだろうか、なんのために生きているのだろうか。これがニーズ、自分にとって必要なものであり、満足度につながる。これろ科学的真実に基づいた治療とケアをつなげるかが、医療従事者の仕事である。

でも、医療従事者は患者の気持ちを見抜くプロではない、笑。お忘れなく。努力をする必要があるのだが、患者が言ってくれないとわからない。それだけに、患者の思いが伝わる医療環境を創る必要がある。また、様々な医療従事者がチームを組んで患者の思いを見つける必要がある。

スポンサーサイト

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。