スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカにおけるCNS(上級看護師)の現状、日本ではまだまだ少ない職種

アメリカでは約6万9,000人(2000年時点)のCNS(クリニカルナース・スペシャリスト、上級看護師)が働いています。わたしは彼ら、彼女らがいていることによりがんのチーム医療を非常に高いレベルにして、しかも多くの患者が満足していることができていると思います。CNSをどのように活用するかは,医局や外来の方針によって異なります。


また,一緒に働く医師の影響が大きいと思います。例えば骨髄移植のCNSの場合,医局でのCNSの主な役割は医師の1日に1-2回の回診に同行して,患者や身体所見や主訴を記録して,医師をサポートすることです。CNSは医師の指示が適切に行われているのか,患者が治療方法を理解しているか,何か問題点はないかを常にCNSまたは看護の立場から考えています。日本でいう上級レベルの研修医的な役割といえるかもしれません。

外来も似た部分がありますが,場合によってはCNSやNP(ナースプラクティショナー)がまず患者を診て,状況を把握してから,医師が診断するという流れもあります。

M.D.アンダーソンにおける化学療法でいえば,医師が患者にインフォームド・コンセントを行った後のフォローや,ターミナルケアに移行するときに患者がその状況を理解しているかどうか,CNSがもう一度アプローチしています。同じ事を伝えるにしても,切り口が少し違うので情報に厚みができます。これは医療側にとってもよりよい医療が提供できるし,患者にとってもより治療などについて理解が深まるメリットがあります。

これからすこしずつこの職種に関しての話をしいていきたいと思います。
また、詳しいチーム医療に関してのマスコミの記事をみたい方はチームオンコロジーをみてください。
スポンサーサイト

医療に参加できない患者

戯言で申し訳ないのですが。医療に参加できない患者て多いんですね。一つは医療従事者の患者の教育もありますが、そのほかに患者自体の自主性の問題も大きいと思います。この自主とは何かとなりますが、一言では説明できないです。
ただ、よくブログでありますが、ブログとかで色々と質問できるが、主治医には全く聞いたことがないとか、よくありますよね。これって問題ですね。

患者の死

医師として死に直面すること事態に慣れるとのは難しい。正直慣れないというのが正しいかもしれない。ただ患者とその家族が求めるものを短期と長期に達成できるものを一緒に模索することができると死に対する受け入れが準備できると思う。医療従事者が患者の気持ちになれるのは日々の医療従事者と患者の平等な関係があってはじめてなりたつのかもしれない。

医学生の訪問

現在医学部の学生が私の勤めている病院で研修しています。すこしでも違う世界をみることにより将来の医師としての未来像に貢献できたらと思っています。そのうちに見学記をかいてもらうと思います。

プロフィール

チームオンコロジー(上野直人)

Author:チームオンコロジー(上野直人)
米国で腫瘍内科医をしています。日本のがん患者さんと医療従事者にMDアンダーソンがんセンターにおけるチーム医療をしってもらい、よりよく「がん」という病気に取り組んでほしいと思ってこのサイトをたちげました。

Twitter

Twitterに参加して米国腫瘍内科医の頑張る姿を追っかけませんか?エビデンス(医療の科学的根拠)作りと料理コメントをのせています

TeamOncology on twitter

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。