がんのチーム医療
より良いがんのチーム医療(チームオンコロジー)をみんなと考えるためのブログです。ヒューストンフリップは姉妹ビデオブログ(下にリンク)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Share |
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日テレ「真相報道バンキシャ!」年末特番「MDアンダーソン がんセンター」


12月27日(日曜日)16時30分から放送の、日テレ「真相報道バンキシャ!」年末特番。お題はがん。取材対象は、テキサス州ヒューストンにある「MDアンダーソン がんセンター」。Yu
MiyaiディレクターとMiho Suzukiのタッグと多くの人の協力で作成された番組です。正確な放送時間は午後五時くらいかもしれません。是非見て下さい。

------

宮井ディレクターのコメントを転載させて頂きました。

メイキング・キャンサー・ヒストリー(がんを過去のものにする)というキャッチフレーズを掲げ、がんをこの世の中から駆逐する---エレン・イェーガーのような目的意識で病気と対峙する、世界一のがん専門病院である。MDアンダーソンでは、医師の判断にすべてを任せるのでなく、患者自身が医療の主役として、治療の決断する「患者主体」を尊重している。例えばこれは、被災地支援における自主自立の創出にも似ていて、とても共感するものだ。しかし、この姿勢を社会の大多数にインストールできるかというと、そう事態は簡単ではない。

ネット上ではトンデモ情報があちこちに行き交い、書店でも「医師が患者を殺す」センセーショナルな見出しのこれまたトンデモ本が部数を稼ぐ日本で「患者主体」はすんなり馴染みはしない。

患者が思うがまま、主体的に治療を選択した結果、治る病気も治らないことが多々ある。

本人が悔いなく生きることができたら、それでいいかもしれないが、遺された人たちの「納得」はどうなるのだろうか。適切な治療を選べば、助かることができたのに…正しい治療を促すことが出来なかった、私たちが悪いのか…と。

「正しさ」の強要はあまり好みじゃないけど、生死を分ける局面、首根っこをひっ捕まえてでも、他者が正しく、適切な選択を促すことは必要ではないか。そんなことを煩悶する取材だった。

いかに病気を認識し、どのような医療を選択するかは、生きることに直結する。故に、正解がない。

理想を描いても、すぐに現実の矛盾が押し寄せる。無常のサイクルの中で、「それでも」とやるべきことを見つけ、行う患者や医療者の姿に、学ぶことがたくさんあった。その一端をVTRに込めた。

私一人ではとても手に余る企画を、有能な記者さま、デスク、総合演出など…番組スタッフの助けを借りながら何とかまとめることが出来た。よければチェックしてみてください。

スポンサーサイト
Share |
  1. 2015/12/26(土) 12:26:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

科学系のノーベル賞の受賞は今後減ると予想


日本人のノーベル賞受賞はとてもうれしい。

しかし、問題は山積みである。小保方事件、日本人の留学減少、理系学生の大学院への興味の低下、日本の論文の数の低下、これらは、red flagつまり、危機的状況の証拠だ。

この結果はこれから、20−30年後に日本の科学競争の低下に確実に現れる。優れた技術革新、医療の前進がなければ、国民の幸福度の低下にも反映されるだろ。ノーベル賞を受賞するだけが科学の質の指標で無いが、大切な指標補の一つである。この状況では、ノーベル賞受賞数も減るだろ。

民主主義を大切にする主権国家日本では、教育の体系的な戦略のみが解決だと思う。某国みたいにもちろん金をばらまき人集めする手もあるが、そういう異常なやり方はやしたくない。

では、何をすればいいのか。
1.なぜ科学(医療)が重要であるかの教育。なぜ科学が楽しいかの教育。このWhyをパッションに切り替えるスキルを身につける教育
3.ゴールに基づく科学(医療)教育でなくビジョン(夢)を追いかける教育
4.倫理がいかに身近なもので、科学(医療)に影響するかの教育

この3つを身につける教育が必要である。これらをスキルとして教える上の人材が少ないのも問題であるし、それを理解できない人達が多いのも問題である。そろそろ、日本の科学(医療)世界でも他分野で行われている努力に目を覚ます時期に来ていると思う。

Share |

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2015/10/12(月) 00:25:55|
  2. 個人の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気持ちの良いノーベル賞

テクノロジーや新薬開発でノーベル医学賞も素敵だが、今年の選択は本来人間として生きていく上であってはいけない寄生虫感染を治療するというとても身近な世界的な問題を解決した点を考えると、とても納得のいく選択だ。

Share |

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2015/10/06(火) 03:44:13|
  2. 個人の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北斗晶記者会見からのデータ解析

記者会見からのデータ解析「5年生存率は50%」これは何を指しているのだろうかと思う。第二期で48歳で、5年生存率50%をadjuvant onlineではじきだすのは、とても至難の業である。Adjuvant onlineを使用すると予後予測ができるので、外来で多くの乳がん専門医が米国では使用している。もちろんあくまで、予想であり、個々の症例は意味合いがずれることがあるのでご了承願いたい。
この症例をadjuvant onlineで解析すると、いくつかの推察が出来る。
1. 50%とは、化学療法もホルモン療法も何も補助療法しないでの数値?
2. 治療後の数値であるのだが、本当はかなりのリンパ節転移がある?
3. 乳がん以外の疾患を患っている?
4. 報道が間違っている?
5. 北斗さんの理解が主治医とずれている?
6. 主治医の情報開示に問題がある?
7. 僕が完全に間違っている?
どちらにしても、本当に50%の生存率ならかなり進行している乳がんと推察される。特に仮にリンパ節転移が多ければ、なぜ手術を先に行われたのかが知りたくなる。術前でも術後化学療法でも現時点では生存率に差はないのだが、非常に医学的に興味深い。
そもそもこの問題はプライバシーを考えるとあまり報道しない方が良いと思う。しかし、現時点でここまで開示したなら、より詳細の報道をマスコミが求める必要になる。もっと詳細に報道しないと一般患者に誤解を招くと思うような生存率である。
とにかくよりよい治療選択を乳がん手術の北斗晶さんが受けられることを願う。

Share |

テーマ:医療ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2015/10/05(月) 08:11:06|
  2. 個人の独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Journal of Perfume Medicine 15周年記念号

Perfumeを通して医療を考察するほのぼのとしたジャーナル。医療関係Perfumeファンが執筆。シェア御願

ダウンロードはこちら。

Share |

テーマ:Perfume - ジャンル:音楽

  1. 2015/09/21(月) 10:34:54|
  2. J of Perfume Medicine
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。